Wi-Fiとはどのような技術なのか

いろいろな場所でWi-Fiというものについて耳にすることが多いです。なんとなくインターネットに関係しているものであると理解している方がいるかもしれません。スマホやモバイルパソコンなどでWi-Fiに接続したことのある方は多いでしょう。しかし、実際にWi-Fiがどのようなものなのか、具体的に知っているという方は少ないでしょう。Wi-Fiを使えばインターネットができて便利だという程度の理解に留まっている方は多いはずです。

そこで、こちらではWi-Fiに関する情報を提供しましょう。これからWi-Fiを活用したいと考えている方はぜひとも参考にしてください。Wi-Fiとはどのような技術であり、Wi-Fiによって一体何ができるようになるのかを教えましょう。具体的にWi-Fiがどのような仕組みによって成立しているものなのかも解説します。Wi-Fiについてもっと理解すれば、こちらの技術をさまざまな場面で活用できるようになります。ぜひともWi-Fiを積極的に利用しましょう。

無線LANの1つがWi-Fi

Wi-FiそもそもWi-Fiというのは無線LANの1種です。無線LANにはさまざまな規格が存在していて、その1つがWi-Fiなのです。現在ではWi-Fiが一般的に利用されるようになっているため、無線LANのことを称してWi-Fiと呼ばれることも多いです。無線LANであれば分かるという方は多いでしょう。無線によって機器を接続することができる技術のことです。これによってインターネット接続ができたり、機器同士の接続もできるようになるのです。

電波を飛ばしてそれを機器が受信します。これによって、データのやり取りをすることができるのです。ケーブルを使わないでネットワークに接続できるのはさまざまなメリットがあるのです。初期の無線LANにはいろいろな問題が生じていたのですが、Wi-Fiの場合はそれらの問題を解決しており、とても便利なものとなっています。Wi-Fiが使える機器にはWi-Fiのロゴが付いているものがほとんどです。Wi-Fiのマークがある機器ではWi-Fiを使うことができるのだと理解しておけば良いでしょう。

Wi-Fiは2種類の電波を用いている

Wi-Fiでは2.4GHzと5GHzの2種類の電波を用いています。それぞれ周波数が異なっているのです。かつては2.4GHzが使われていて、現在では5GHzの方が主流となっています。5GHzに対応している機器であれば、2.4GHzにも対応できるのですが、昔の機器で2.4GHzにしか対応していないものもあるため注意しましょう。基本的に5GHzの方が高速な通信が可能となり高性能です。低価格帯の製品ではこちらに対応していないこともあります。

セキュリティについて

Wi-Fiというのは電波を飛ばしてネットワークに接続できるのですが、電波を飛ばすということはそれは他人がそれを受信できる可能性もあるということです。比較的容易に電波を受信することができます。そのため、有線による接続と比較するとWi-Fiにはセキュリティの問題が生じます。これを解決するためのセキュリティプロトコルとして、WEPやWPA、WPA2といったものが開発されています。最新のものはWPA2に対応しており、こちらはセキュリティがとても高いです。通信を暗号化して送信するための技術であり、Wi-Fiの電波を他人が受信しても問題ないようになっています。

無線通信とイーサネットの違い

従来の有線によるLANはイーサネットと呼ばれています。こちらは無線の規格であるWi-Fiとはさまざまな点で異なっています。例えば伝送媒体はイーサネットはケーブルですが、Wi-Fiは空間そのものです。チャネル数はイーサネットはケーブルの本数に依存するのですが、Wi-Fiの場合は数十チャネルまで可能です。イーサネットではケーブルが届かない場所では接続できないのですが、Wi-Fiはどこでも電波が届く限り接続することができます。

どちらも一長一短があるのです。Wi-Fiは確かに便利なのですが、電波というのは距離が離れるほど弱くなってしまいます。一方、イーサネットはケーブルが届く限りは、たとえケーブルの長さが長くなったとしても影響はありません。また、イーサネットの方が基本的に安定しており、高速通信が可能です。それぞれがネットワーク接続において何を重視しているかによって、イーサネットとWi-Fiを使い分けると良いでしょう。

Wi-Fiはルーターが必要

Wi-Fiを利用するためにはルーターというものが必要となります。インターネット回線をWi-Fiルーターに接続して、そこからさらに無線によって各機器と接続をすることができるのです。そのため、家庭にすでにあるネット回線を無線で接続できるようにしたいならば、Wi-Fiルーターを購入すれば良いでしょう。さまざまなメーカーがWi-Fiルーターを販売しています。その中から選びましょう。

Wi-Fiルーターから出される電波はWi-Fiに対応している機器で受信できます。最近はゲーム機やテレビ、プリンターなどさまざまな家電もWi-Fiに対応しています。これによって、離れた場所からデータを送信してプリンターを利用したり、スマートハウスに活用することもできます。たとえば消費電力をWi-Fiによって電波を飛ばして自動的に記録できるようにしたり、家電の操作を家の外からスマホでできるというシステムもあるのです。Wi-Fiがあるおかげで生活環境は大きく変化するでしょう。さまざまなメリットを得られるでしょう。

まとめ

Wi-Fiがどのような技術であるのか説明してきました。こちらは無線によってネットワークに接続できるという技術のことです。昔からある無線LANの規格の1種となっています。最近、無線LANという言葉を聞かなくなったと思っている方は多いでしょう。それはWi-Fiという規格が登場して、こちらが定着したからなのです。そのため、今でも無線LANというものは幅広く使われています。それがWi-Fiという名称に変わったと考えれば良いでしょう。

Wi-Fiはルータを用いることによって利用できるようになります。家庭内の有線のネット回線を無線電波にすることができるのです。また、Wi-Fiを用いると機器同士の接続が可能となります。これによって、テレビやプリンター、その他さまざまな家電をスマホやパソコンと接続することもできるようになります。そこでいろいろなデータのやり取りができるのです。Wi-Fiを活用することによって、生活のスタイルも変化するでしょう。新しい技術であり、これからますます利用されるようになるでしょう。そんなWi-Fiについてしっかりと理解してください。